圭介ブログ

20170115


 性的な楽しみの中で、ノーマルなセックスや性的な遊びではなく、主従関係を前提として性的な悦びを求めていく一つが”調教”という価値観である。

 それは、まず言葉でのコミュニケーションから始まっていく。


 続きを読む

image


誰も知らない…いやらしい"自分"を見ながらオナニーを…。

乳首やあそこが熱くなって、鏡越しで見たらもっと熱持ってくる…。

でも、もっと見て欲しいのは"顔"。

気持ち良さをたくさん感じて、冒頭して…。目はとろーんとして、唇が開いて…。

昼とは違う、別の"自分"がそこには存在してるはず。

ぜひ、経験して欲しい。そんな別世界を味わったら、もう戻れなくなるかもしれない。

05


 オナニーといえば陰気で罪悪感がある行為と思われがちだが、女性の体に与える影響は大きい。

 週に一回程度、没頭するようなオナニーをし続けることで腰痛や生理痛が軽減される効果もあるし、なにより気分が晴れることが大きい。

 リフレッシュ効果があるオナニーを、もっと好意的に捉えて取り組んでもいいはずだ。

アダルトブログランキングへ

large_606847_4


 男が自分のことだけ考えて、入れるだけのセックスに飽き飽きしている女性は多いはず。セックスは相手があるから、避けられない部分があるからされるがままになってるだろう。

 そんなセックスには期待できない。

 だから気持ち良さはオナニーで求めるしかない。誰にも邪魔されず、気持ちよさを求めて進んで、快楽を得て自分を自分自身を救ってあげるべきだ。

 セックスレスの向こう側を、見つけて、快楽を楽しまなければ、日々辛いだけ…。

 オナニーとセックスは、当然違うわけだが、お互いがお互いを高め会う効果がある。

 オナニーをして、敏感な体の状態を保ってセックスするとか、気持ちよさの大きさは倍増しているし、その逆もしかり。

 反対のような両者は、実は相性がいいし、併用することでベストパートナーにもなる。

 オナニーは自宅でするもんだと決めつけてはなりません。車さえあれば、景色のいいところ、店舗の駐車場、高速のサービスエリアなどに移動して、車の少ないところに自分の車を停めて、することもできます。

 天気のいい日、山の上の展望台があるようなところや、山奥の道の駅なんかは、おすすめですよ。
 回りはファミリーで休憩や買い物に来てるお客さんばかりで、その駐車場でオナニーしちゃうなんて。スリルと興奮、そして背徳感は凄まじいです。

 その感覚は、必ず癖になります。

 ただし、リスクもありますので自己責任で、お願いしますね。

アダルトブログランキングへ

このページのトップヘ